読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

基底細胞母斑症候群=ゴ―リン症候群

患者として体験してきたことをブログにします。同じ病気で悩んでいる患者や家族のために、後世のために。

初めての基底細胞がん

24歳の時(もう30年ほど前になる。)髪を短くして父から指摘された。

「そんなアザあったか?」

こめかみに10円玉ほどのアザが見つかり気になったので病院に行った。

芝にある慈恵医科大学付属病院。当時歩いてすぐの所に住んでいた。

入院はなかったが、局所麻酔を打って日帰り手術。

あまり麻酔が効かず、チョー痛かったのを憶えている。

病理の結果、基底細胞母斑と診断された。

がんではないが、放って置くとがんになる、というような説明を受けた気がする。

告知という観点からオブラートに包んだ言い回しになったのか

もう相当前の話しなので、はっきりとは分からない。

その基底細胞母斑が、その後私の体に群発する。