読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

基底細胞母斑症候群=ゴ―リン症候群

患者として体験してきたことをブログにします。同じ病気で悩んでいる患者や家族のために、後世のために。

多発する基底細胞がん

24歳の時、こめかみにできた基底細胞がんを切除しました。

基底細胞がんと言うのは、表皮の最下層の基底層にできる悪性腫瘍で

皮膚がんの一つです。

最初はホクロと見分けるのが難しく、時間とともに大きく深くなって行きます。

他の組織への転移は少ないと言われており、腫瘍の周りを大きく深く切除する

治療法が一般的です。

 

今55歳ですが、この30年ほどの間に胸・腹部・股・背中・額・ほほ・鼻・頭部に

多発し、その都度切除してきました。

腫瘍が小さなうちは局所麻酔の日帰り手術で済みます。

でも、小さいとホクロか腫瘍か見分けるのが難しいので、

ダーモスコープというルーペを使って診療する経験が豊富な大病院の皮膚科専門医

に診てもらうのがいいでしょう。

 

         http://kompas.hosp.keio.ac.jp/file/000356_02.jpg