読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

基底細胞母斑症候群=ゴ―リン症候群

患者として体験してきたことをブログにします。同じ病気で悩んでいる患者や家族のために、後世のために。

父のこと

とにかく厳しい父でした。

分厚い手のひらが、しょっちゅう飛んできた。

なぜ怒られているのか全然記憶になく、ただ怖い父という思いだけが残りました。

だから六十二歳という早い年齢で亡くなってしまい、もったいなかったですね。

いろいろ教えて欲しかった

もっと素直になりたかった

心の壁を壊したかった。

父との間には、やり残したことが沢山あるような気がします。

でも闘病中に私だけに見せた完全な笑顔が、今までの一切の事を救ってくれました。

 

死因は、胃がんから多臓器への転移でした。

胃がんが見つかってから一年ちょっと程でしたので、進行がとても早かった。

白装束の旅支度の時、体のあちこちに基底細胞がんが見られました。