読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

基底細胞母斑症候群=ゴ―リン症候群

患者として体験してきたことをブログにします。同じ病気で悩んでいる患者や家族のために、後世のために。

祖父のこと

私は完璧におじいちゃん子でした。

札幌の自宅の隣に父方の祖父母の家がありました。

自宅の目前は野球場三つほどの野原が広がり、時折り牛や馬が放牧されて

いました。

裏は他人様の畑になっていて、山ブドウの木で仕切られていました。

秋になると酸っぱい山ブドウをつまみ食いしたものです。

両親は朝から晩まで働いていたので、祖父母が面倒を見てくれました。

冬には餅つきや雪まつりに、春には近所で一番大きな鯉のぼりを上げてくれ、

夏には大通公園でトウキビを食べ、秋は一緒に冬支度をした思い出があります。

 

おじいちゃんは私が高校一年の時、がんで亡くなりました。

初めは、側頭部の皮膚がんだったように思いますが、はっきりとしません。

ただ、放射線治療をした側頭部がケロイドになってしまい、それが辛そうでした。

それがどこかに転移して亡くなったのか、直接の原因は分かりませんが

可愛がってくれた祖父もがんで亡くなりました。